Macbook ProにParallels Desktopをインストールした

弥生会計などの会計ソフトを使ったりするので、仕事でMacを使うにはどうしてもWindowsをインストールしなくてはなりません。BootCampだとMacとWindowsの切り替えが面倒だから、ここはParallels Desktopを迷いなく選びました。

Parallelsは普通版乗換版がありますが、安い乗換版で問題なく動きます。

Parallels Desktop 9

インストールを開始。最新のバージョンをダウンロードするように促されるので、最新のバージョンをインストールします。

Parallels Desktop 9

ソフトをインストールするときにお決まりの使用許諾をし、

Paralle

Parallelsのライセンスキーを入力。

Paralle

Windowsをあらたにインストールするのか、ほかのWindowsマシンから引っ越しするのか選びます。今回はWindowsのインストールを選択。Windows7はアマゾンからDSP版を購入しました。

Paralle

どのメディアからWindowsのインストールをインストールするのか、問われます。今回はDVDドライブを選択。

Paralle

Windowsのプロダクトキーを入力。

Paralle

Windowsの表示方法を選びます。MacライクはWindowsのソフトごとにウィンドウを分けて表示する方法で、PCライクは一つのウィンドウにWindowsのデスクトップを表示する方法。インストールした後からでも、自由に変更することが可能です。

Parallels Desktop 9

Windowsが順調にインストールされていきます。ParallelsのインストールからWindowsのインストールが完了するまで、ほぼ30分程度で終わりました。ここまで特に迷うことなく、インストールすることができました。

Parallels Desktop 9

Windowsのインストールを完了したら、Windowsソフトをインストール。Parallelsを起動したまま、ソフトのDVDを起動すると、このようなメッセージが表示されるので、Windowsでソフトをインストールするのと変わりません。

自動再生

MacにWindowsをインストールする方法として、Parallels以外にBootCampやVirtual Boxなどいろいろありますが、以前にもParallels Desktopをインストールし問題なく使えてたので、今回もParallelsにしました。

» Parallels Desktop 6 for Macをインストールした

また、WindowsはDSP版をインストールしましたが、こちらも問題なく、Microsoftの認証を受けることができました。値段が安かったので、少し不安でしたが。

Microsoft Windows7 Home Premium 32bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD LCP 【紙パッケージ版】
マイクロソフト(DSP) (2014-01-11)
売り上げランキング: 9

パラレルス Parallels Desktop 9 For Mac 乗換・UPG版
Parallels (2013-10-25)
売り上げランキング: 57
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク