割安な光ケーブルを買って、AirTunesの設定をした

もともと家で音楽を聴くときはいつもステレオにCDをかけて聴いていたのですが、MacBookを購入したこともあって家においてあるCDをどんどんとiTunesに読み込ませてライブラリを構築しています。こうなってくるとせっかくAirMac Expressも持っていることもあって、AirTunesを使ってみたいなと思うようになってきました。

AirTunes

ただ、AirTunes実現のためにネックとなっていたのが、Apple純正の接続キットだと4,620円もするということ。光接続用のケーブルだけでいいのですが、このキットには要らない電源ケーブルまで付いており、ぼくにとっては抱き合わせ販売のような状態でした。

ちょっとためらっていたのですが、よくよく探してみるとぼくと同じ境遇で光ケーブルだけが欲しいという方も多くいたようで、Amazonで探してみると純正ではないのですがケーブルだけで販売されているのを見つけました。しかも1,517円と一気に購入可能領域に進入してきたので即座に買ってしまいました。ケーブルは1m、2m、3mと長さもそろっており文句のつけようがありません。

さて、品物が届いたので接続へ。
Windowsではこのようなハードを接続する前には気合いを入れておかないと途中でくじけそうになることがよくあるので、今回も気合いを入れて取りかかることに。

AirTunes

AirMac Expressに丸型のプラグを差し込んで、アンプに角形のプラグを差し込み

AirMac Express

オーディオでインプットをDIGITALに選択して

AirTunes

最後にiTunesでスピーカーをAirMac Expressを選ぶとできあがり。何の苦労もいりませんでした。なんか拍子抜けしたな。

AirTunes

無線で飛ばしているので、音質はCDで聴くよりもだいぶ落ちるだろうと思っていたのですが、そんなこともなく、しかも途切れたりもしません。これで家にあるCDをすべてiTunesに食べさせてやる決心がつきました。CD置き場に困っていたので、ちょうどよかったです。

アクロス 光デジタルオーディオケーブル 3m 角ピン-角ピン 角ピン→丸ピン変換アダプタ付 AVC-123
アクロス
売り上げランキング: 4327
おすすめ度の平均: 4.5

4 2008年に発売されたiMac24inch(3.06GHz)には使えました
4 品質高し!
5 意外に銘機?

手持ちのCDを売って、バックアップ用のストレージとできたらAppleTVも買えるといいなぁ。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク