MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣

MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣

書店にたくさん並んでいたので、思わず買ってしまいました。

「決算を読む」のであって、貸借対照表、損益計算書といった決算書から分析するノウハウが書かれているものではありません。四半期毎の決算発表で使われるパワポなどの資料をもとに企業を分析します。

ECビジネス、FinTech、広告ビジネス、個人課金ビジネス、携帯キャリアといった分野で今伸び盛りの企業を取り上げています。回転率といった効率性など教科書的な経営指標は使われておらず、決算発表の資料からユーザー当たりの売上を推計し、海外と日本の企業を比較したりしています。

決算書から会計的な分析を期待していたのですが、今の勢いのある企業(資産を持たない企業)は10、20年前にはなかったようなビジネスであるから従来の指標では分析しにくくなってきているのだと感じました。

MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣
シバタナオキ
日経BP社
売り上げランキング: 1,193
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク