Excelの調子がおかしくなったので調べてみたらATOKが原因でした

最近、Macでエクセルを使っていると挙動がおかしいことがしばしば起きるようになりました。別シートを参照する計算式を入力すると、計算式がうまく入力できず、参照するシートに勝手に数式が入力されたり、計算結果が循環参照のためエラーになったりと。

まずはマイクロソフトに問い合わせてみたところ、次のページで試して欲しいとのこと。けれども、全く改善しませんでした。

» Sway | Office for Mac 2011 / Office 2016 for Mac が起動しない、または動作が不安定な場合の対処方法

次にMacをセーフモードで起動させてみたところ、エクセルは問題なく作動します。通常のモードに戻すと問題は再発しました。

» セーフモードを使って Mac の問題を切り分ける – Apple サポート

Apple サポートで解説されているように、問題が再発する場合、原因は「互換性がないログイン項目があると考えられます」とのこと。Macのシステム環境にある「ユーザとグループ」でログイン項目を一つずつ消してみました。最終的にログイン項目のすべてを消したのですが、問題は改善されず困ったことに。

別のユーザをテストで作成し、エクセルを起動させるとエラーは全く起きません。エクセルが起動している状態でエラーが起きている場合と起きない場合、違いはATOKをインストールしているかという点に思い至りました。この仮説に基づいて、システム環境の「キーボード」でATOKの設定をひらがな以外すべてオフにすると、エクセルのイヤな現象が発生しなくなりました。

キーボード

かなり苦労しましたが、いろいろと勉強になりました。MacOS純正の日本語IMに替えてみたのですが、ちょっと使いづらい。やはり慣れてしまったATOKに戻ってしまいました。

ジャストシステム ATOK 2016 for Mac [ベーシック] 通常版
ジャストシステム (2016-06-24)
売り上げランキング: 1,105
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク