サイトから情報を抜き出してAPIで返してくれる「Kimono」

Yahoo! PipesだとXPath Fetch Pageというモジュールを使って、そのサイトの情報を抜き出したりするのですが、抜き出すところを階層で指定していかなくてはならず、設定がムズカシイのです。でも、Kimonoではそのサイトで抜き出す箇所を表示させながら設定できるので、とてもカンタン。

» kimono : Turn websites into structured APIs from your browser in seconds

KIMONO

RSSなどで配信されていない国税庁の新着情報のページをKimonoで、抜き出してみることにしました。抜き出したいページでブックマークレットを起動します。ブックマークレットを起動したら、抜き出したい情報を選択していきます。

KIMONO

抜き出した情報はJSON、CSV、RSSで取得することができます。

なぜか、RSSはうまく配信されていませんでした。

JSONなどで情報が取れるほかにも、サイトに貼り付けることができたり、


モバイル用のページをできたりします。

» nta-news

https://farm4.staticflickr.com/3859/14847346823_fcbb9284ec.jpg

なにかと、使い勝手のよいサービスだといえます。ただ、RSSだけがうまく配信されていなかったので、Yahoo! PipesでJSONをいじってRSSで配信されるようにしてみました。

» Pipes: KimonoLab JSON to RSS

Kimono

何かいいアイデアが浮かんだら、もっと使ってみようと思います。

Amazon Web Servicesプログラミング ―APIの基礎からElastic Beanstalkの利用まで
Jurg van Vliet Flavia Paganelli Steven van Wel Dara Dowd
オライリージャパン
売り上げランキング: 38,854

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク