RSS配信されていないサイトをRSSで配信してくれるサービスまとめ-2012年版

かなり前にRSSで配信されていないサイトの更新をRSSフィードに更新情報を載せてくれるサービスをまとめてみました。このようなサービスが年々減少しており、寂しい限りです。

» RSS配信されていないサイトをRSSで配信してくれるサービスまとめ – Blog.IKUBON.com

いまでも利用できるサービスをまとめてみました。国税庁の新着情報のページをそれぞれのサービスでRSSにしてみました。


Dapper

ページの一部を選択して、その部分が更新されるとRSSで配信される用になります。選択した部分以外の部分が更新されてもRSSに載ってこないので、要らない情報ははじかれるというメリットがあります。

» Dapper: The Data Mapper

Dapper

RSS » http://open.dapper.net/transform.php?dappName=NTAShinchaku&transformer=RSS&extraArg_title=Shinchaku&applyToUrl=http%3A%2F%2Fwww.nta.go.jp%2Fshinchaku%2Fnews.htm

Page2RSS

以前、Google ReaderでもRSS配信していないサイトの更新ができるようになっていたのですが、そのサービスが廃止となり、代わりにGoogleが推してきたサービスがこれ、Page2RSSです。

ページのURLを登録すると、そのページが更新されるとRSSで配信されます。URLだけの登録で済むので、非常に設定がかんたん。

» Page2RSS – Create an RSS feed for any web page

Page2RSS

RSS » http://page2rss.com/rss/5978d303db6c26727d24b363deb63bbb

RSSクリエイター

和製なので取っつきやすいと思います。こちらもDapperと同じく、RSSで配信して欲しい部分を選択することができます。

» RSSクリエイター RSS未対応サイトのRSS作成

RSSCreater

RSS »http://rssc.dokoda.jp/r/23eb7bf3da20233277822e74bcdc0cb9/http/www.nta.go.jp/shinchaku/news.htm

Page2Feed API

ライブドアが提供するサービス。個人的にはなかなか信頼(早く、洩れなく)できるサービスだと感じています。

» Page2Feed API | EDGE

Page2Feed API

RSS » http://ic.edge.jp/page2feed/http://www.nta.go.jp/shinchaku/news.htm

Yahoo! Pipes

設定にちょっと手間がかかるのですが、使ってみると意外とよかったので、リストアップしてみました。

Yahoo! PipesのXPath Fetch Pageモジュールを使ってページの一部を切り取ります。

» Pipes: Rewire the web

Yahoo! Pipes

RSS » http://pipes.yahoo.com/pipes/pipe.run?_id=1e9c9249b4d83656df06f90ffc95147f&_render=rss

これらのサービスで、洩れなく、遅滞なくという基準で選ぶと、Page2Feed APIとYahoo! Pipesに軍配が上がります。

RSSがだんだんと下火になってきていると感じており、このようなサービスが廃止されないよう切に願っています。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク