Parallels Desktop 6 for Macをインストールした

仕事でノートパソコンを使う必要がでてきたのですが、このためだけにWindowsマシンを買うのはもったいないので、Macbookに仮装化ソフトをインストールして代替することにしました。

ParallelsとVMwareのどちらにするのか迷いましたが、Parallelsが2010年に新しいバージョンをリリースしており、新しい方がよいだろうと思って、こちらにしました。インストールはメモリを4GBに増設したMacBook (13-inch, Late 2009)にWindows7の64Bit版という状態です。

以後、インストールしたときに撮ったスクリーンショットともにつらつらと。

Parallels

 

WindowsのDVDを入れるよう指示があります。今回はAmazonのWindows7のDSP版を購入しました。

Parallels

 

Windowsのプロダクトキーを入力。

Parallels

 

Parallelsの表示をMacライク、PCライクのどちらにするのか選択します。

Parallels

 

仮想マシンテンプレートの名前と場所を設定。

Paralells

 

これらの設定が完了するとWindowsのインストールが開始。

Paralells

 

まだまだ続きます。

Paralells

 

インストールが完了。

Paralells

 

かなり手が掛かるのかなと思っていたのですが、すんなりとインストールできました。MacbookにParallelsは荷が重いのではないかと心配していたのですが、起動に多少時間がかかるものの(Windowsをスタートさせているので、時間がかかるのはやむを得ないでしょう)、意外ときびきびと動いています。今後は必要なソフトをインストールして評価していきたいと思います。

Parallels Desktop 6 for Mac 通常版
ラネクシー (2010-10-29)
売り上げランキング: 216
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク