リンクをソーシャルな形にまとめてくれる「Trunk.ly」

TwitterやGoogle Readerの共有などに含まれるリンクをソーシャルな形でまとめてくれるTrunk.lyというサービスがありました。ブックマークするのは面倒だけれども、いろいろなところでコメントしたページをひとつにまとめておきたいという場合にはもってこいのサービスですね。

» Trunk.ly | Home

Trunk.ly

 

アカウントを取った後に「Link sources」よりTwitterやFacebookなどのサービスを登録していきます。RSSフィードも登録できるようになっているので、Trunk.lyがサポートしているTwitterやFacebook以外のサービス(TumblrやGoogle Readerの共有など)はそれぞれのRSSフィードを登録すればOK。

Trunk.ly

 

これらのサービスを登録すると、Twitterのようなタイムラインができあがります。

Trunk.ly

 

Trunk.lyのすごいところの一つ目はほかのユーザーをフォローできるところ。ソーシャル的なサービスなので、当然といえば当然ですが、気になる方をフォローするとその人がTwitterで興味を示しているページが一覧できるようになりますね。

Trunk.ly

 

もう一点は検索機能があるいうところ。せっかく取り込んだリンクを引っ張り出すことができないとなると、悲しいものです。自分のタイムラインには検索窓が付いており、日本語でも問題なく検索することができましたよ。

Trunk.ly

 

Twitterでハッシュタグを付けると、Trunk.lyでもタグを付けてくれたりと、細かいところも行き届いています。Google Reader、Twitter、Tumblrなどツールを使い分けても、全てTrunk.lyに集約されてくるので、なかなか便利なサービスだと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク