ストリートビューとマップの切替が使いやすい「Showmystreet」

Googleマップでストリートビューからマップ表示に戻してしまうと、どの地点でどの方角を見ていたのか分からなくなってしまいます。つまり、ストリートビューにしてしまうと最後までストリートビューを使い続けていくしかないのです。使い方によってはストリートビューからマップ表示、マップ表示からストリートビューへと何度も切り替えて使いたい時があると思うのですが。こんな時に役に立ちそうなサイトがこちらShowmystreet。ストリートビューとマップ表示を簡単に切り替えることができます。

» showmystreet.com – fast & easy street viewing

Showmystreet

 

住所を検索窓に入力して目的の場所付近へ。このあたりはGoogleマップと同じで、日本語も問題なく使えます。Googleマップと同じようにストリートビューの人形をマップにドラッグして置きます。右上に新たにウィンドウができ、人形が立った地点のストリートビューが表示されています。ストリートビューをメインにみたい時には矢印の部分をクリックするとストリートビューに置き換わります。

Showmystreet

 

目的の地点に辿り着いたら、そのままTwitterやFacebookに投稿したり、リンクをコピーできたりと基本的な機能を備えていますし、ぼくが一番感心したのは、そのポイントの地番が表示されるというところ。地図のリンクが貼れないときには地番を伝えるしかありませんから、こんな時に効果絶大です。

Showmystreet

 

Googleマップは提供されている使い方に慣れてしまっていたので、不便なことなど思いも寄らなかったのですが、Showmystreetのようなサービスを使ってみると、道具の使い方、道具に対する物の見方を考えさせられました。

最後になりましたが、あけましておめでとうございます。

今年もぼちぼちとブログを続けていくつもりなので、今後ともよろしくお願いします。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク