iTunesスキンのYouTubeプレーヤー「yTunes」

iTunesのスキンを単にかぶせただけでYouTubeの再生のみの機能しかないと想像していたのですが、意外と機能が豊富でiTunesのデザインがなくても十分にいけるんじゃないかと思いました。

» yTunes :: Home Page

yTunes

 

アカウントを取ってログインすると、なじみのあるデザインが出てきます。まずは検索して動画を登録していきましょう。「Gundam UC」で検索してみました。

yTunes

 

気に入った動画がみつかれば、ドラッグしてLIBRARYに登録していきます。

yTunes

 

次はプレイリストを作成してみましょう。左下にある+ボタンをクリックすると、プレイリストが追加されます。このあたりはiTunesと同じですね。後はLIBRARYへ登録したときと同じようにドラッグしてプレイリストに放り込んでいきます。

yTunes

 

YouTubeのプレーヤーを起動させてみたところ。ウィンドウがMac風になっています。いい感じですね。

yTunes

 

左下のシャッフル、リピートのボタンは飾りではなく、リピートだと繰り返し再生され、シャッフルだとランダムに再生されています。動画の一覧もカバーフロー表示ができたりとiTunes風になっており、細かいところまでiTunesの機能が再現されています。

何気なくドラッグしてプレイリストに登録できてしまうのですが、Webサイトでこのようなことを実現させるには結構手が掛かることだと思います。日本語は文字化けしてしまい検索やプレイリスト名に使えないという問題がありますが、この点を除けば普段使いでも十分使えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク