引用元ページの画像を付けてTwitterに投稿する「Snip.ly」

気になった画像に対してツイートするとき、画像が公開されているページのURLを貼るだけではどの画像か分からない場合もあったりします。「上から三番目の画像」といった画像を特定させるための文章含んだツイートになると、せっかくのインパクトのある画像も少し興ざめしてしまいます。こんなときに、ページの画像を付けてTwitterやFacebookに投稿できるSnip.lyというサービスが気になったので使ってみました。

» Snip.ly

Snip.ly

 

Facebook、Twitterのアカウントでログイン。今回はこちらのページを短縮させてみました。

» ソーシャルなタスク管理ツール「Jume.in」 | Blog.IKUBON.com

右上に投稿用のパーツが出てきてきます。こちらで引用元となるページ画像を選択し、ツイートの内容を入力。テキストを選択してブックマークレットや拡張機能を起動すると、テキストも引用できるようになっています。

Snip.ly

 

Twitterへは短縮されたURLで投稿され、このURLにアクセスすると、手前に先ほど選択した画像、背景に引用元のページと、Googleの画像検索のように表示されます。

Snip.ly

 

Snip.ly内でタイムラインがあったり、他の人をフォローしたりと、ソーシャルな機能まで付いています。

Snip.ly

 

画像についてコメントを付けたいときにはTumblrが思い浮かびますが、Twitter以外に拡散してしまいますので、Twitter一筋の方にはちょうどいいかと思います。

スポンサーリンク