パソコンでみているサイトをiPhoneで楽々にアクセスするための「Open2Go」

パソコンでみているサイトをiPhoneでアクセスするときに、URLをベタ打ちするのはかなり面倒です。このためだけにURLをコピーしてメールするという手間はやめたい。こんなときに役に立ちそうなのが「Open2Go」

» OPEN2GO:QUICK & CLEAN way to store URLs/Notes on the Phone.

open2go

 

まずはiPhoneでOpen2Goのサイトへアクセスしてホームボタンに登録します。これで準備完了。

 

パソコンでブラウジングしているときに、iPhoneへURLを受け渡ししたいサイトがでてくるとOpen2GoのサイトにURLを入力。

Open2Go

 

すると、4桁の番号が発行されるようになります。

Open2Go

 

iPhoneに登録したホームボタンを起動して、4桁の番号を入力。

 

番号を入力すると、アクセス先が表示されるので、そのまま移動。

 

長いURLをiPhoneへ飛ばしたい時には非常に強力なツールになると思います。

一度設定してしまえば、ブックマークレットやURLの前に「open.tg/」するだけでよいので、もっと楽々になりますよ。

Open2Go

スポンサーリンク