Notebook Inspiracionがしっくりくる

今までアイデアをまとめるときにはモレスキンをメモ代わり使っていたのですが、アイデアを吐き出して、まとめていくときにもっと手軽に書き込めるメモが欲しいと思っていました。モレスキンはどちらかといえばアイデアをまとめるというよりも自分の考えを後に残すという使い方にはいいと思うのですよね。万年筆で書いたりするときの書き味も抜群だし。

自分に合うメモがないか、いろいろと文房具屋を探してみつけたのが、コクヨのNotebook Inspiracion。
デザインも気に入りました。コクヨのロゴが裏に小さくあるだけで、このあたりがうれしいですね。ロゴが大きくあるだけで安っぽく見えますからね。

Notebook Inspiracion

 

お気に入りの一番目は用紙の罫線がマス目であるというところ。横罫だけだとそのサイズ(高さ)に文字を入れ込まなくてはと制限されるような気がするのが嫌だったのです。しかし、ガイドラインの全くない無地だと、これまた困ってしまいそうな気がして、このあたりが微妙な好みなってしまうのだと思いますけれども。

Notebook Inspiracion

 

次のおすすめがポケットが付いていること。

Notebook Inspiracion

 

コクヨ製なので、300円程度と安いのです。
安いからよくないということもなく、紙質はしっかりしているし(モレスキンと比較すると安いですが、大学ノート比べると高級な部類に入りますからね)、各ページにはプレカットが入っているので切り離しが容易。切り目もミシン目のビリリではなく、ロディアのピリリといった感じで、このあたりも高級感があります。ロディアを使っている方にはよく分かると思うのですが、あのピリリ感です。安いこともあって書き込んではピリリと躊躇なくいけます。

このノートに殴り書きしてアイデアをまとめて、これは残しておきたいという場合には切り取ってスキャンしようか。となると、モレスキンの出番がなくなってしまう。モレスキンだと書き込んでからしばらく経ってから見直したりしたときなんぞ、手書きのメモで味があっていいものなんですが。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク