今みているサイトをドラッグしてTwitterなどへ投稿する「SnagB」

便利なのか便利でないのか、ちょっと判断しかねるのですが、画期的といえば画期的。機能も盛りだくさんですし。

アドレスバーをドラッグしてSnagBに放り込むと、みているサイトのタイトルと短縮URLがTwitterの投稿画面へ。カスタマイズさせると翻訳してから投稿やTwitter、Facebookなど複数のブログなどに投稿することも可能となったりと、使い込めば高機能なサービスに化けそうな「SnagB」というサービスがあったので試してみました。

» SnagB – Social bookmarking, powered.

SnagB

 

今回はSnagBを通してTwitterに投稿してみることに。

SnagBにアクセスすると使い方のビデオが立ち上がるので、右上の×をクリックしてログイン画面へ移動します。

SnagB

 

こちらからログイン。

SnagB

 

FacebookやTwitterなどの他のウェブサービスのアカウントを利用してログインします。

SnagB

 

SnagBのウィンドウとサイトブラウジング用のウィンドウを二つ並べ、投稿したいサイトが現れたら、アドレスバーをドラッグしてSnagBへ放り込みます。

SnagB

 

すると、ポップアップでTwitterの投稿画面が立ち上がります。後はいつもどおり、Twitterへ投稿するのみ。

ChromeでSnagBを起動させ、Firefoxのアドレスバーをドラッグして放り込んでもうまく投稿することができました。ブラウザーが異なっても使えるという点はいいですね。

SnagB

 

今回はTwitterへの投稿までと簡単なものでしたが、短縮URLのサービスをBit.lyに変更したり、Google 翻訳を使って翻訳させたりと細かいカスタマイズが可能です。もっと使い込んでみたいという方はこちらのビデオをご覧になるといいと思います。

Introducing SnagB.com from Mark Einhorn on Vimeo.

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク