FoodspttingはiPhoneアプリで魅力が倍増する

遅くなったのですが、以前に記事を書いたFoodspottingのiPhoneアプリをインストールしてみました。結論からいうと、FoodspottingはiPhoneアプリがあってこそのサービス。

» Foodspotting Lite – iTunes Store icon

Foodspotting

 

アプリを起動させると、現在地付近で投稿された料理がスライドショーで表示。写真にバッジが付いているものは誰かが「Nom it(おいしかった)」と評価しているものです。

Foodspotting

 

また、マップからも料理を検索することが可能。

Foodspotting

 

一方、投稿は料理の写真を撮って、料理の名前と店を登録。店名はFoursquareからも取得できるみたい。

FoodspottingFoodspotting

 

最後にコメントやTwitterやFoursquareとの連携などを設定して投稿。

Foodspotting

 

TwitterにはFoodspottingのハッシュタグ付きで

Foodspotting

 

Foursquareはチェックインはできていますが、店へのリンクがない状態になっています。

Foodspotting

 

iPhoneアプリになって、

  • 写真をみながら、付近の食べたいものを手軽に探せる
  • 食べたときに写真を撮って投稿までできちゃう

という”食べたいとき”と”食べたとき”の両方の満たしてくれる機能が備わったのです。

あとは投稿されている件数が少ないので、もっと件数が増えてくると魅力のあるサービスになると思います。Foursquareのようにバッジやポイントを集めたりできるので、ゲーム的な要素もあっておもしろいのですけれども。

それにしても記事を書くのだから、もっといいもの食べればよかった。270円の牛丼にしてしまったことを後悔。

スポンサーリンク