新着iPhoneアプリを教えてくれるBotを作ってみた

新しいアプリが出たときにはだいたい教えてくれると思います(新着アプリで上位50位以内に入ったものがTweetされているはず、たぶん)。

新しく作ったBotがこちらで有料版と無料版のアプリに分けてみました。

iPhone App Bot

仕組みは前に作ったiTunesのBotと同じなのですが、Lifehackng.jpにノミネートされたこともあり、作り方をもう少し詳しく書いてみることにしました。Yahoo! PipesFeedBurnerを組み合わせてマッシュアップを行っていますが、難しいコードが分からなくても既存のウェブサービスを組み合わせるだけでもいろいろできますよという参考にして下さい。うまく使いこなせればライフハックにも応用できると思いますので。

 

元となる情報はアップルのRSSジェネレーターより取ってきました。

» Apple – iTunes – RSS Generator

iTunes Store RSS

 

こちらで作成したRSSフィードをYahoo! Pipesに取り込んで、フィードを加工していきます。

有料版のPipeの全体像

» Pipes: AppStoreのアプリをTwitterへ流すPipe(有料版)

iPhone App Bot

 

各モジュール(一つのブロック)では、それぞれ次のような働きを持たせています。

FetchFeedでRSSフィードから情報を取り込みます。

iPhone App Bot

 

次にリリース日をキーに新しいもの順(降順)にフィード内のデータを並べ替えます。

iPhone App Bot

 

リンクをアフィリエイトのものに変換し、フィードのタイトルにアプリの値段とカテゴリーを追加。

iPhone App Bot

 

最後に出口へつなげて完成。

iPhone App Bot

 

このまま、Pipeを走らせると次のような結果が。「Get as RSS」のボタンよりRSSリーダーに取り込むことができます。

iPhone App Bot

 

Yahoo! Pipesで加工したRSSフィードをTwitterへ流すために、今回はFeedBurnerを利用することにしました。ほかにもTwitterFeedなどいろいろあるのですが、TwitterFeedではよくポストされないことがしばしばあるので、FeedBurnerにしています。サービスの信頼性の高さはやはりGooglですね。

 

FeedBurnerにRSSフィードを登録

iPhone App Bot

 

登録が完了すると「集客支援」にある「Socialize」よりTwitterのアカウントを登録します。

iPhone App Bot

 

Twitterのアカウント、投稿する内容(タイトルのみ、タイトルと本文、リンクを含めるかなど)を設定していきます。この設定を終えるとできあがり。あとはRSSフィードに情報が流れてくると自動的にTwitterへポストされていきます。

iPhone App Bot

 

今回はYahoo! PipesとFeedBurnerを使ってBotを作ってみましたが、Yahoo! Pipesはかなり応用の利くツールです。Yahoo! Pipesを利用すればRSSフィードをかんたんに(難しいプログラムの知識がなくても)加工できるので、効率よく情報を収集するRSSリーダーがもっと深いRSSリーダーになると思います。

スポンサーリンク