WEBで家計簿をつけるならWesabeがおすすめ

大政奉還を受け、うちの嫁さんから家計を任されていたのですが、無駄遣いをしているなど感じたことはなかったので、どの程度支払いをしているのか把握したことがなくいつも垂れ流し状態でした。

いつまでもこの状態のままではいけないと思い、重い腰を上げて集計してみることにしました。会計ソフトを使って本格的に集計してみようと思ったのですが、手軽にできないと長続きしないと思われ、長続きさせるためには、

  • データ入力が極力少なくて済むもの
  • モバイル端末(iPhone)が使えるもの

これらの要件を満たせば、なんとか続くのではないかと考えたところです。探してみたところ、Wesabeがよさそうなので試してみました。しかも無料だったことも魅力の一つです。

» Wesabe: Your Money. Your Community.

wesabe

 

Wesabeの特徴

  • 銀行、クレジット口座のデータはマイクロソフトマネーのデータ形式(OFXファイル)をアップロードすれば読み込んでくれる
  • 集計はタグで集計
  • ファイルの添付ができる
  • Firefoxのアドオンがある
  • iPhoneのアプリがある

 

集計結果

収入・支出の実績をもとにグラフで分かりやすく集計されています。また、目標額を決めて管理することも可能です。

Wesabe

 

口座の登録

まず登録したい口座から前もってOFXファイルをダウンロードしておきます。

» みずほ銀行:取引明細の取り込み方(ご利用ガイド)

 

Add an Accountより預金・クレジットカードの口座を登録を開始

Wesabe add accounts

 

検索窓にタイプしてリストから選んでもいいし(みずほ銀行のような都市銀行であればリストにあります)、リストになければ「Can’t Find Your Bank? Click Here」より登録します。

Wasabe add accounts

 

Manual Uploadsを選択

Manual Uploads

 

ダウンロードしたOFXファイルをアップロードします。

Wesabe add Accounts

 

これで口座が登録され、アップロードしたデータも取り込まれています。

 

データの編集

口座を開くとアップロードしたデータが表示されます。文字化けを起こしています(金融機関のデータに半角文字が含まれていたりすると起きるようです)が、日本語で編集することが可能です。

Wesabe

 

左の鉛筆アイコンをクリックすると編集用の吹き出しが表示されるので、こちらでタグ(費目)を付けていきます。一つの支払いを二つのタグに分けたいときは「タグ名:金額 タグ名:金額」という方法でタグを付けていくとOK。

Wesabe

 

また、Notes & Attachmentではファイルをアップロードできるので、請求書等のPDFファイルを明細として付けておくことも可能。

Wesabe

 

取り込んだデータの他に新しくデータを追加したい場合には「Add transaction」で

Wesabe 

 

現金(Cash)・iPhoneアプリ

WesabeはiPhoneのアプリも提供しており、iPhoneでは現金出納の入力がメインで、集計結果を閲覧することはできません。

Wesabe – iTunes Store icon

入力項目はWEBと同じで、更にGPSを利用して支払先を入力できるようになっているのですが、日本だからかうまく使えませんでした。

写真 2 

 

現金だけでなく、預金等の編集も可能です。

写真 1

 

ストック(財産・債務)はMoneyLookで把握できるので、フロー(収支)Wesabeと、これらを併せて使うと完璧だと思います。

» 無料で使えるお金管理ツール マネールック3 MoneyLook3 with Yahoo! JAPAN


スポンサーリンク