Taptu Touch Searchというちょっと変わった検索アプリ試してみた

WikipediaをiPhoneで検索するときにはWapediaというアプリを使っているのですが、このWapediaのベンダーTaptu.comがTaptu Searchというアプリをリリースしていたので試してみました。WapediaはApp Storeの「レファレンス」カテゴリのなかでも常に上位に位置しているアプリだったので期待していたのです。

» Taptu Touch Search – iTunes Store
» Taptu. The alternative search machine
写真 1


ホームではYahoo!のようにディレクトリ別に分類されているのですが、ディレクトリがスライドで右から左に移っていきます。狭い画面を使う場合には有効な方法ではないでしょうか。
写真 2

ikubonというキーワードで検索してみると
検索結果は右から左へフリックすると順に表示。通常のPCサイトはiMacのような形になっています。
写真 4

画像だと1画面に4つの画像が
写真 3

動画とこんな感じに
写真 5

右下のピンクのiアイコンをタップすると
このリンク先を共有(メール、Twitter、Facebook)、保存することができます。
写真 8

一番よくできているなと感じたところが検索のジャンルを絞り込む機能。
右上のTaptuのロゴをタップすると、ジャンルがVistaのウィンドウフリップっぽく表示されます。
写真 11

こちらでTwitterを選択してみるとツイートの検索ができるようになっています。
写真 12

ただ残念だったところは日本語の検索が十分にできなかったところ。
以前、SearchMeというビジュアル系の検索サービスあったのですが、今はお亡くなりになっています。Taptuにはもう少しがんばってもらいたいところです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク