シェルフを作った

ちょうど手頃なサイズのシェルフを探していたのだけれどもみつからなかったのと、連休中に出かける予定がなかったのでシェルフを自作することにしました。

まず近くのホームセンターでパイン材を購入。自分でカットするのは大変なので、カットもオームセンターでしてもらいました。
写真 1

まずは外枠から組み立てていきます。
写真 7

次に棚板をつけます。サイズを決めるときのポイントは無印良品で扱っているシェルフのサイズにあわせるといいと思います。棚にのせる小物のバリエーションがかなり増えるし、見栄えもしますので。
写真 8

設置する場所にうまく収まるか試してみました。隙間なくばっちりです。
写真 9

最後に仕上げの塗装。今回は亜麻仁油を利用することにしました。天然ものだからシンナー臭もなく、体にも影響がありません。ただ乾かすのにかなりの時間(24時間)がかかってしまいます。
写真 11

自作だと手がかかると思われるかもしれませんが、カットは店、組み立てには電動ドライバを使えば簡単にできます(今回も買い出しからできあがりまでほぼ1日でできました)。電動ドライバってどうなの思われるかもしれませんが、ドリルとドライバの両方が使えるので重宝します。しかも安価のものでも十分使えます(ぼくはコーナンブランドの2千円台のものを使っています)ので、一家に1台備えていてもいくらいものだと思います。

RYOBI 7.2V充電式ドライバドリル BD-70
リョービ
売り上げランキング: 6595
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク