DISQUSのコメントシステムを入れてみた

WordPressのブログにコメントをする際、メールアドレスの入力が必須となっており、個人情報を入力してもらうのが気になっていました。何かの拍子にどこからか洩れてしまうのも嫌だし、コメントして頂く方もメールアドレスを知られたくないという方もいらっしゃると思います。という理由で、TwittterやOpenIDなどのアカウントを持っておればコメントすることが可能となるDISQUSを導入することとしました。

WordPressに慣れていないので、DISQUSの設置に苦労するのではないかと思っていましたが、プラグインをインストールして、少々設定するだけで完了です。ロリポブログやMovable Typなどいくつかのブログシステムを経験してきましたが、こんなに簡単に設置できるとは思いませんでした。すごすぎるプラグイン。みながWordPressを推す理由がようやく分かりました。

インストールの方法

インストールするブログシステムを選びます。今回はWordPress。ダウンロードしたファイルを解凍してできたフォルダ全てをWordPressのプラグインフォルダ(/wp-content/plugins)へアップロード。

DISQUS

 

アップロード後、プラグインを「使用する」をクリックして稼働させます。

DISQUS

 

DISQUSのユーザー名とパスワードを登録

DISQUS

 

DISQUSに登録したブログを選択すればインストールは完了

DISQUS

 

WordPressの設定メニューより認証するシステムにチェックマークを入れます。今回はFacebook、Twitter、OpenIDの全部盛りで。

DISQUS

Facebookの設定だけが面倒で、Facebook API Keyを入力しないといけません。Facebook API Keyはこちらから適当なアプリケーションを作成し、こちらで表示されるAPIキーを入力。

» Facebook | アプリケーションを作成

DISQUS

 

Disqus の最大のメリットは私よりも、むしろコメントを書いてくださる読者にあります。このブログの記事部分は基本的に私が自由に書いているものですが、時として最も有用なコンテンツはコメントからやってきます。Disqus はコメントを書いてくれる人の評価をもっと高めて、コメントすることへのインセンティブを高めてくれるサービスとして注目が高まっています。

» Lifehacking.jp V2 に移行しました! | Lifehacking.jp

Freindfeedなどの他のサービスとも連携していますので、デフォルトのWordPressのコメントシステムにコメントして頂くよりも価値あるものになるのではないかと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク