Google ReaderからReTweetできるようにしてみた

| コメント(0) | トラックバック(0)|
  
  

ぼくの場合、Google Readerで読んだ記事をReTweetするには

  • Google Readerで「v」ボタンでオリジナルの記事を別タブで立ち上げ
  • Bit.lyのブックマークレットを起動させてからコメントを書く

という方法を取っていたのですが、これが結構めんどうくさいです。よほどのことがない限り、ReTweetしようとは思わないのですよ。

Google Readerの共有アイテムに付けたメモをTwitterに流せば、もっと楽になるんじゃないかと思いついたので、

  • Google Readerの共有アイテム
  • Yahoo! Pipes
  • TwitterFeed

これらを使って、共有アイテムにメモしたことをReTweetできるようにしてみました。

具体的にはこいつが

Google Reader To Twitter

 

こんな感じで投稿されるのです

Google Reader to Twitter

 

設定

まずは共有アイテムのURLを調べます

Google Reader Shared Item

 

共有アイテムのURLが分かると次のYahoo! PipesにURLを入力して「Run Pipe」。整形後のRSSフィードのURLを「Get as RSS」よりコピー

» Pipes: Google Reader Share Item Post to Twitter

Google Reader to Twitter

 

コピーしたRSSフィードのURLをTwitterFeedに登録

Google Reader to Twitter

これで設定は完了 。ただ、TwitterFeedはRSSフィードから一度に投稿できる数が最大で5個となるので、数が多くなりそうであれば、Pingvineなどを利用する方がいいと思います。

» Pingvine.com | RSS Atom XML feed to Twitter.com, Ping.fm or Identi.ca

» ブログの更新をTwitterにポストしてくれるサービスいろいろ - Blog.IKUBON.com

 

仕組み

  • 共有アイテムのRSSフィードからYahoo! Pipesでメモと元記事のタイトルを抜き出し、「メモ+RT+タイトル」という形に整形
  • 整形したものをTwitterFeedでTwitterに投稿

 

これでGoogle Readerから画面が遷移させずにReTweetできます。しかも「Shift + d」でメモが起動するので、キーボードオンリーでできちゃう訳です。

関連記事   
  

Backtweets

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Google ReaderからReTweetできるようにしてみた

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ikubon.com/mt/mt-tb.cgi/275

Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    track feed Blog.IKUBON.com

    • SEO対策